山ピー明大留年9月卒業目指す

明大商学部を今春卒業予定だった山下智久(22)が15日、都内で行った初主演映画「クロサギ」の大ヒット御礼舞台あいさつで、留年が確定したことを明かした。04年に一般推薦で入学し、多忙なスケジュールの合間をぬってキャンパスに足を運んだが、わずか6単位の不足で卒業を逃した。覚悟していたこともあって結果を素直に受け入れ、心配するファンにステージから報告する形をとった。今後は9月卒業を目指す。

 観客に「おれは幸せ者だと思います」と映画ヒットの感謝を伝えてあいさつを締めくくったように思えた直後だった。「あ、そうだ」。伝えることが、もう1つあったことを思い出した。「おれ、留年しちゃった」。照れもあり、顔は客席ではなく天井に向けた。「そうだよ、留年したよ~っ!」。やけっぱちのような大声で繰り返すと、客席からは驚きの声が上がった。胸につかえていた思いを吐き出しすっきりしたのか「精いっぱい頑張ってきたんだけど、4単位だけ足りなかった」と落ち着いた声で状況を説明した。

 取得単位不足は、今月10日に知った。大学から封書が届いた。先月下旬、卒業の可能性を問われると「大げさではなく五分五分」と答えるなど覚悟はしていた。だから届いた封書は「潔く開けました」。留年決定を「しょうがないですね」と受け入れた。

 明大商学部には04年に一般推薦で入学。芸能活動との両立は予想以上に厳しかった。ジャニーズの人気グループNEWSのメンバーであり、俳優としてもブレーク。スケジュールは過密になる一方で、ドラマ収録日にキャンパスとスタジオやロケ地を数回往復したこともあった。リポートを徹夜で書き上げ、大学に提出してそのまま仕事場に向かうこともあった。

 卒業論文に問題はなかったが、結局6単位足りなかった。舞台あいさつで「4単位」と言い間違えたのはそれだけギリギリの“攻防戦”だったから。今年に入ってリポート提出や追試、再試験に追われる日が続いていた。

 この日の留年報告は、スタッフと相談した上、山下自身が決断した。「9月卒業の制度があるので、そのへんで卒業したいと思ってます」。順調なグループ活動と初主演映画のヒット。追い風に乗る山下は、留年ショックを引きずらず、今秋卒業を目指す。

http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/news/p-et-tp1-20080316-336075.html 


単位数はだませなかった?“クロサギ”山ピーが明大留年報告

人気グループ、NEWSの山下智久(22)が15日、東京・有楽座で初主演映画「クロサギ」(石井康晴監督、公開中)のヒット御礼舞台あいさつを行い、卒業予定だった明治大学商学部を留年したことをファンに報告した。

 告白はあいさつの最後。「留年しちゃった~! でも精いっぱい頑張った。大学には9月卒業があるんで、俺、夏が大好きだから、その辺りで卒業してやろうと。引き続き仕事も学校も頑張ります」と大きな声で宣言。観客約400人から大声援が送られた。

 不足単位は3科目6単位。「リポート提出にしていただいたんですけど出席日数が足りなくて」と悔しそうな表情も見せたが、9月の卒業に向け「確実にと思っています」と気持ちを切り替えた様子。一方で先月の同作試写会で起きた招待状偽造騒動には「面白いなと思いましたね」と冗談交じりに驚いていた。

 映画は、過去に詐欺の被害で家族を失い最凶詐欺師となった黒崎(山下)の知能戦を描く人気ドラマの劇場版。配給元の東宝によると、初日からこの日までの8日間で動員50万人を突破する勢いという。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200803/gt2008031601.html 


山ピー留年告白!明大9月卒業目指す!…「クロサギ」舞台あいさつ

人気グループ・NEWSの山下智久(22)が15日、東京・有楽町の有楽座で主演映画「クロサギ」(石井康晴監督)のヒット御礼舞台あいさつを行い、在学中の明治大学で留年が決定したことを明かした。現在、商学部の4年生で今春に卒業予定だったが、最終的に卒業に3科目計6単位が足りなかったという。ただ、明大では9月卒業も可能で「夏も好きだし、その辺に卒業しようかと思う」と前向きに話した。

 4年での卒業はならなかった。ステージを後にしようとした山下は「あっ!」と思い出したように立ち止まり「オレ、大学行ってるんだけど、留年しちった~。イェイ!」と明るくファンに報告した。

 数日前に成績が郵送され、留年したことが発覚。「精いっぱい頑張ってきたんだぜ。でも4単位だけ足りなかった。追試は大丈夫だったんだけど…」と明るい表情で悔しさを押し殺した。出席日数が不足していたようで、関係者によると、実際は3科目計6単位が足りなかったという。

 山下はNEWS結成の翌年、04年に堀越高校から明大商学部へと進学。「経営のことを学びたい」と勉学に励むかたわら、トップアイドルとしても大活躍。主演ドラマ「ドラゴン桜」「野ブタ。をプロデュース」では軒並み高視聴率をたたきだし、今年1月には単独では初の東京ドーム公演を成功。多忙を極めながら、4年生を迎えたときには約30単位を残して卒業を目指していた。

 一方、初主演に挑んだ「クロサギ」はドラマに引き続いて好調で、公開1週を終え、この日で観客動員50万人を突破した。「不安やプレッシャーもあった」というが「何度も足を運んでくれて、オレは本当に幸せ者だと日々、実感している」と、観客に感謝。抽選で選ばれたファン1人に赤いバラの花束もプレゼントした。

 4月からも学生生活を送ることになったが「9月卒業があるから、引き続き仕事も勉強も頑張ろうと思う。夏も大好きだし、その辺に卒業できたら」とショックも癒えた様子。“挫折”を糧にさらなる成長を目指す。

 ◆小山は模範卒業生 ○…ジャニーズ事務所では、多数のタレントが大学に在学中。NEWSのメンバーでは、山下のほかにも加藤成亮(20)が青山学院大学、手越祐也(20)が早稲田の2年生として在籍。小山慶一郎(23)は昨年、学業だけでなく芸能活動も評価され、模範卒業生の表彰を受けて明大文学部史学地理学科を卒業した。

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080316-OHT1T00101.htm 


山P「留年しちゃった!」サバサバ告白

NEWSの山下智久(22)が15日、東京・有楽町で初主演映画「クロサギ」のヒット御礼舞台あいさつを行い、今春卒業予定だった明治大学商学部を「留年」したことをファンに公表した。卒業に必要な単位に6単位足りなかったという無念の留年。「やるだけやった」と話す山下は「9月の卒業を目指して頑張ります」とサバサバした表情で、必ず卒業することを改めて誓っていた。

  ◇  ◇

 「オレ、大学行ってるんですけど…、留年しちゃったぁ!イエイ!」。ステージ上の山Pが明るい口調でファンに報告した。

 猛勉強の末、明治大学商学部に入学したのは2004年4月。「経営を学びたい。絶対に卒業する」と超多忙なアイドル生活を縫って大学に通っていた山下。3月の卒業を目指して追試を受けるなど最大限、努力してきた。追試は合格したが、リポート教科だった専門課程の出席が不足し、3教科6単位が足りず、今春の卒業はかなわなかった。

 山下によれば、留年が確定したのは今月10日。大学から郵送で送られてきた“決定”を「潔くあけてみたら、あー…みたいな。惜しかった。でも自分としてはやるだけやったかな」と納得の表情。

 山下はファンに「9月の卒業があるらしいので、夏も大好きだし、その辺で卒業してやろうかなと思ってます。引き続き仕事も学校も頑張ろうと思ってますので、山下智久をよろしくお願いします」と半年遅れの卒業を宣言した。

 試写会でのチケット詐欺も起きた映画はこの日で動員50万人を突破。「詐欺のことも聞きました。面白いな…」と苦笑、「ファンの人には何か作品で恩返ししたい」と話した山下は「来週くらいこっそり反応を見に行こうかな」と劇場に潜入出没する計画を明かしていた。

http://daily.jp/gossip/2008/03/16/0000876104.shtml 




    全站熱搜

    cherishnews 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()